パウエルリバー留学の学校情報と費用

ギネス級の美しい自然と住民の優しさが魅力

 

オススメの語学学校

Camber College

“大自然に囲まれたアットホームな学校”

  • 2003年創立の山と森と湖と海に囲まれた生徒数50名ほどの小さな学校です。
  • 学校はパウエルリバーの中心部にあり、隣にはショッピングモールがあります。
  • パウエルリバーの大自然を生かした豊富なアクティビティ「Adventure」と英語教育「Education」を融合した「Live the Edventure」をモットーにしています。
  • カナダ国内外での経験が豊富な教師陣は、分かりやすい授業とアットホームで居心地の良い雰囲気づくりを心掛けています。
  • 小規模校のため先生と生徒の距離がとても近いことも、大きな魅力の一つです。
  • 学校創設のきっかけは創設者のDavidさんが韓国の大学で教鞭をとっていた時に、カナダ留学から帰国した生徒が、何とキャンプやカヌーを体験してこなかったという事実を聞いて驚き「もっとカナダらしい体験ができる学校を作ろう!」と決心したからだそうです。
  • 学業と同じぐらいホームステイの手配にも力を入れています。
  • Languages Canada(語学学校協会)の認定校です。

主なプログラム

  • 一般英語
  • ビジネス英語
  • IELTS試験対策
  • サマーキャンプ

基本データ

規模 小規模校(最大50名)
日本人比率 年平均10-15%
クラス人数 平均8名 最大14名
受講レベル数 5段階のレベル
日本人スタッフ 常駐

 

一般英語プログラム

Camber Collegeでは実践的なリスニング・スピーキング練習にチカラを入れ、最短で会話能力の向上を目指します。

  • 1クラス平均8名という少人数制です。
  • 授業では各生徒ができるだけ多く発言できるよう配慮しています。

コース

週15レッスン Academic English 15
9:00-11:45
週30レッスン Academic English 30
9:00-15:45

タイムテーブル

9:00-9:45 総合英語
10:00-10:45 総合英語
11:00-11:45 リスニング&スピーキング
11:45-13:00 昼食
13:00-13:45 選択科目
14:00-14:45 選択科目
15:00-15:45 クラブ活動

授業の要点

  • 「読む・書く・話す・聞く」の4技能と「文法や新しい語彙」を関連付けながら学ぶ総合英語クラス
  • テレビや映画など興味を引く教材を通してのリスニング練習
  • ディベートやプレゼンなどを通しての実践的スピーキング練習
  • 市役所や消防署への訪問インタビューなど教室外での実践練習
  • 苦手教科の克服など特定の目的のための選択科目

クラブ活動にClose up!

“授業としてのクラブ活動はここだけ”

  • 好きなクラブ活動を通して、より生き生きとした留学生活を送り、英語習得にもしっかり繋げることが目的です。
  • もちろん授業の一環ですので、どのクラブにも担当教師が付きます。
Social Club
消防署、市役所の見学や地元のアーティストへのインタビュー、コミュニティイベントへの参加やそのボランティアなどを通してより地元の人々との交流を図るクラブです。
Academic Club
読書会やカンバセーションクラブなど学業により直結するクラブです。
Sports Club
アクティビティの好きな生徒が集まり、自主的にアクティビティを計画・実行して行くクラブです。

定期テストと個別指導

width=

  • 4週間に一度、上達度を測るテストが行われます。
  • 個人カウンセリングなどは要望があれば、いつでもOKです。
  • また、授業が終わった途端、先生がさっと消えてしまうことがないよう、各授業のラスト10分間はQ&Aタイムとし、授業内容の質問や課題の内容確認など、生徒の疑問に各教師が対応しています。

入校条件

入校年齢 16歳以上
受講レベル 入門レベルからOK
最短受講期間 原則4週間(応相談)
入校日 4週間に一度の指定入校日(毎週月曜も可)

放課後のアクティビティ

  • クラブ活動の実施に伴い、4週間に1度の定期入学日の午後に生徒全員が参加するアクティビティを行っています。
    (ハイキング、オイスターピッキング、クリフジャンピング、アイスホッケー、カーリングなど)

  • その他は希望者からの要望を聞きつつ随時募集をかけていく形となりますので、Sports Club以外の方は、やりたいことをどんどんスタッフに伝えることが重要です。

ホームステイ

“思い描いていたホームステイ”

  • Camber College の提供するホームステイは心温かいネイティブスピーカーの家庭です。
  • 学校では家族構成、職業、無犯罪証明書、生徒の個室環境、住居の立地、バスルートなどをしっかり確認しています。
  • パウエルリバー空港までの送迎(往復)も無料で快く行ってくれます。
  • 宿題を見てくれるなど英語の勉強も協力してくれる家庭が多いです。
  • 通学時間はバスの場合で平均15分、徒歩で平均20分、自転車では平均10分です。
  • ホームステイ費などの生活費が都会に比べて安く済むのも魅力です。

留学費用:料金表

授業料等
申込期間 週15レッスン 週30レッスン
4週間 C$1,020 C$1,400
8週間 C$2,040 C$2,800
12週間 C$2,880 C$4,020
16週間 C$3,840 C$5,360
20週間 C$4,800 C$6,700
24週間 C$5,280 C$7,560
登録費 C$135
教材費 C$12/週
ホームステイ費等
ホームステイ手配料 C$195
ホームステイ費(3食) C$195/週
空港送迎(往復) 無料
医療保険(guard.me) C$14.25/週
バンクーバー空港乗り継ぎサポート C$80
バンクーバー前泊 C$220

★★★Ambitionの費用応援

“透明性のある料金体系”

  • 4週間以上なら入学代行手数料は無料
  • 更に8週間以上なら海外送金手数料も弊社負担
  • 為替レートはお支払い当日の銀行公示レートをそのまま適用

» ●詳細を見る

 

一般英語以外のプログラムはこちら

Camber College

Camber College Info.

  1. ビジネス英語、IELTS試験対策プログラム
  2. アドベンチャーサマーキャンプなど
  3. 詳しい受講レベルなど

» ●詳細を見る

 

留学都市の情報コーナー

パウエルリバー

  • カナダ西部ブリティッシュコロンビア(BC)州の南西に位置する美しいサンシャインコーストにある小さな町です。
  • 人口は約2万人の小さなコミュニティーで住民はとてもフレンドリーです。
  • バンクーバーとの距離は約140Kmです。

» ●市の公式Websiteはこちら

知っておきたいミニ歴史

  • ヨーロッパ人が入植するまでは先住民族のSliammonの人々が漁、狩り、交易を生業に居住していました。
  • 1871年に現在のカナダ連邦BC州が誕生すると、その連邦加盟に貢献したDr.Israel Wood Powellが先住民の権利保護を目的としたBC州監督府の初代長官(1872-89在任)に就任し、先住民の医療や教育の向上などに尽力しました。
  • 彼は在任中の1881年春にBC州沿岸を船旅中に大きな湖と短い川を見つけますが、その湖と川は後に、彼の功績をたたえてパウエル湖、パウエル川と名付けられました。
  • 町の繁栄は1880年代の伐採作業員の宿泊所設営から始まり、蒸気船の定期航路の寄港地、更に1910年代に入ると豊富な木材とパウエル湖から流れるパウエル川の水の恵みにより製紙業が栄え、世界最大の製紙工場の町へと発展しました。

町の特徴と見どころ

町の特徴
  • 林業が主要産業で、今でも新聞専用の紙を製造しています。また、シーフードの輸出も重要な産業の一つです。
  • 海・湖・山・川・森に囲まれた大自然の宝庫で、2016年ギネスブックに「世界で最も大気汚染の少ない街」として記録されました。
  • 生徒が落としたパスポートや財布などを学校に届けてくれる人もいるほど治安が良いところです。
名所案内-Sunshine Coast Trail

  • 世界でも有名な全長180㎞のサンシャインコーストを縦走するハイキングコースです。
  • コースには12の山小屋が見晴らしの良いところに設けられ、安全に宿泊することができます。
  • 海岸線から崖や湖、濃い森林、全景の見える山頂まで、バラエティーに富んだ地形はパウエルリバーの息を飲むような自然と豊富な動植物の生態系に触れる体験を与えてくれます。
Desolation Sound Marine Provincial Park

  • パウエルリバーから北へ32㎞離れた入り江や島々のあるエリアを保護するために作られたBC州最大の州立海洋公園です。
  • デソレーションサウンドは荒い潮の流れや風から守られているため、海水温度が平均よりも高く、夏は水泳やダイビングに理想的な場所となっています。
  • 公園内ではキャンプのほかハイキングやカヤック、カヌーなどのアクティビティも楽しめます。
  • パウエルリバーからの所要時間は車で約1時間です。
Texada Island

  • パウエルリバーの対岸にあるジョージア海峡で一番大きな島です。
  • フレンドリーな島民、温暖な気候、驚くほど美しい自然が訪れる人を魅了します。
  • 島にはハイキングやマウンテンバイクを楽しめるコースや林道及びカヌーやカヤック、フィッシングに最適な湖がたくさんあります。
  • その他にも265種類もの野鳥を観察できるバードウォッチングやビーチでのスキムボードも楽しむことができます。
  • パウエルリバーからの所要時間はBC Ferriesで35-40分です。
Inland Lake

  • パウエルリバーから北へ12㎞離れたところにあるインランド・レイク州立公園内の湖です。
  • 湖の長さは5.5㎞で、そのほとりを一周できる13㎞の遊歩道があります。
  • 遊歩道は板道や橋、石灰岩を敷き詰めた道などで作られており、車椅子での周遊も可能です。
  • ピクニックや休憩場所、宿泊できるキャンプエリアなども数か所あります
  • サイクリングやフィッシング、カヌー、カヤック、バードウォッチング、水泳などのアクティビティも楽しめます。
  • パウエルリバーからの所要時間は車で約20分です。
Downtown

  • 田舎町とはいえホテル、病院、銀行、ショッピングモール、ウォルマートなどの大型店の他、スターバックスなどのファストフード店もありますし、映画館やアートギャラリーまであります。
  • 写真はカナダ最古の映画館パトリシアシアターですが、もちろん現役で何と104歳です。
  • 街中に両替所はありませんので日本円をカナダドルに替えることはできません。ご注意ください。

» ●公式観光Infoはこちら

気候

平均最高気温 平均最低気温
春(4月) 13.5°C 5.6°C
夏(7月) 22.5°C 14.1°C
秋(10月) 13.6°C 8.0°C
冬(1月) 6.8°C 2.3°C
  • 3月頃から雨期が終わり天気は安定していきますが、早春の天気は変わりやすい日が多いです。
  • 6月中旬から9月までの夏は湿度も低く温暖な気候が続きアウトドアのアクティビティに最適です。
  • 9月下旬から10月までは天気のよい爽やかな日が続くことが多いですが、11月からは雨の日が多くなります。
  • 12月から3月までは雨期で雨や曇りの日が多く、冬でも平地では積雪がほとんどありません。

時差

標準時で日本よりも17時間遅く、サマータイム期間(毎年3月の第2日曜から11月の最初の日曜まで)では16時間遅くなります。

日本時間 現地時間
標準時 9:00 a.m. 4:00 p.m.
サマータイム 9:00 a.m. 5:00 p.m.

 

公共交通機関

通学

  • 市内はPowell River Regional Transit Systemによりバスが運行されています。
  • 市内の路線は充実していますので、通学に困ることはありません。(ホームステイ先はすべて市内です。)
  • 市外へのバスも運行されていますが、路線等は限られています。

» ●運行会社のWebsiteはこちら

遠出の観光等

バス

  • ダウンタウンにあるTown Center Hotelの裏手からウエストバンクーバーのホースシュー・ベイ行きの長距離バスがSunshine Coast Connectorにより運行されています。
  • 厳密にはラングデール・フェリーターミナルまでのバスで、降車後フェリーに乗り変えてホースシュー・ベイへ向かうという道のりです。
  • 所要時間はフェリーの待ち時間も含めて約5時間半です。
  • ホースシュー・ベイ・フェリーターミナル前からはTransLinkの#250のバスに乗車し、40~50分でバンクーバーのダウンタウンに到着します。

» ●Sunshine Coast ConnectorのWebsiteはこちら

フェリー

  • ウエストビュー・フェリーターミナルからは対岸のテキサーダ・アイランドやバンクーバー・アイランドのコモックス行きのフェリーがBC Ferriesにより運航されています。
  • 所要時間はテキサーダ・アイランドまでが35~40分、コモックスまでは1時間45分です。
  • また、ホースシュー・ベイからはバンクーバー・アイランドのナナイモ行きのフェリーも出航しています。
  • 冬は悪天候で欠航することも多いので注意が必要です。

» ●BC FerriesのWebsiteはこちら

 

日本からのアクセス

  • 空の玄関口はパウエルリバー空港です。
  • 直行便はありませんので、最低1回の乗り継ぎが必要です。
  • 日本からは直行便またはアメリカ、アジア経由でバンクーバーに入り、入国手続きを済ませ、国内線(南ターミナルからPacific Coastal Airlinesが運航)に乗り換えての現地入りとなります。

» ●詳細を見る
 

留学カウンセラーの目

miniコラム

大都市でのホームステイの酷評がカナダ全土に当てはまる訳ではありません。コミュニティーの人々のほとんどがネイティブスピーカーで、留学生を温かく迎えてくれるパウエルリバーには理想と現実がマッチした本物のホームステイが確かにあります。

また、市内の語学学校はCamber College一校だけですが、教師並びにプログラムの質は、都市部の学校に引けを取りません。

Camber Collegeでは「どこよりも最速で英語が上達できる」というキャッチコピーがありますが、抜群の英語環境など上達に必要な要素が一杯詰まった留学先であることは間違いありません。

長期留学の方は、類まれなる大自然に囲まれたここパウエルリバーで、カナダ留学の基礎作りをしてみてはいかがでしょうか。

余談ですが放課後のアクティビティにオイスターピッキングというのがありますが、パウエルリバーでは海岸に自然の大きな牡蠣がゴロゴロ転がっいるので、それを取ってBBQで楽しむそうです。

ちなみに日本人スタッフのHiromiさんは牡蠣が苦手とのことで現地で食したことはないそうです。実にもったいない話ですね。

 

Welcome to Ambition留学館

弊社のウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

width=

  • パウエルリバーに興味を持たれた方は、更に一歩踏み込んだ話を聞いてみたいと思われたのではないでしょうか。
  • ウェブサイトの主要な情報以外にも、細かな情報がたくさんありますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  • どんな小さなことでも結構です。Ambition留学館のモットーは「いつもWelcome」です。

メールによるお問い合わせ・お見積もり等

 

電話によるお問い合わせ・資料請求等

TEL 011-788-5957
営業時間:火~土 10:00-18:00
定休日:日曜・月曜

 

手厚いサポートも魅力

弊社では各種ご相談を始め、渡航に関する手続き等も無料でサポートしています。

width=

  • 就学許可証(学生ビザ)申請
  • 未成年者用渡航書類の作成
  • 航空券の手配
  • 医療保険の加入
  • 入国時の書類も含めた持ち物一覧
  • 留学開始後のサポートなど