バンクーバー留学の学校情報と費用

 

オススメの語学学校

Tamwood International College Vancouver

  • 学校はバンクーバーのダウンタウンにあります。
  • 帰国後実際に使える、将来に役立つ英語を教えることを目的としています。
  • バンクーバーにあって国際色豊かで、国籍比率も比較的バランスが取れた学校です。
  • スタディーホールなど無料の学習指導も毎日行なわれ、学校一体となった生徒へのアカデミック・サポートは非常に定評があります。
  • 先生と生徒の距離が近くフレンドリーな校風の中にも、厳しさを持った学校です。
  • アクティビティは生徒会が企画・運営するほど、生徒の自主性や繋がりが強い学校です。
  • ジュニア&ユース対象のサマーキャンプにも非常にチカラを入れています。
  • Languages Canada(語学学校協会)の認定校です。

ESLタイムテーブル

8:45-11:45 総合英語
11:45-12:45 昼食
12:45-14:15 選択科目
14:30-15:15 実践英語

コース

  • Skills Builder:8:45-14:15
  • Learn Fast:8:45-15:15

アクティビティ

width=

  • 各種スポーツ、ハイキング、映画鑑賞、食事会など月曜を除く毎日アクティビティを実施しています。
  • アクティビティは生徒会が自主的に企画・運営しています。これにより以前は多かったキャンセルがほとんどなくなったそうです。
  • 週末はビクトリアやウィスラー、シアトルなどへの日帰りまたは1泊の小旅行などもあります。

ここも注目

生徒を導く5つの無料アカデミックサポート

スタディーホール
  • 毎日、昼休みの1時間、一人の先生かどんな質問にも対応しています。
ワークショップ
  • 毎週金曜の午後に開催される勉強会で、生徒が悩みやすいスキルをテーマにします。
  • 午後の選択科目が複合スキルなのに対し、ここでは1つのスキルに集中します。
パーソナルコーチング(予約制)
  • 4週間以上履修される方を対象に5週目から実施されます。
  • 毎週1回50分で学習目標の設定や弱点克服のための勉強方法等を個人指導します。
チャレンジテスト(予約制)
  • 毎週水曜に行われる筆記テストと面接で、結果どのスキルの勉強が必要か具体的な説明を受けることができます。
  • 毎週月曜に行われるテストは前週の確認評価をするものに対し、ここでは全体のスキルの評価が可能となります。
オンライン学習とウィークリーフィードバック
  • GELというオンライン教材が生徒全員に渡されます。
  • 質問し忘れたことを先生にメールしたり、先生からの指導をメールで受けることができます。
  • 毎週の成績とコメントは先生からメールでフィードバックされます。
  • 先生からの指導の下、自分のスキルに沿ったGELのオンライン教材を利用することができます。

ホームステイ

  • Tamwood の提供するホームステイはフレンドリーなホストファミリーです。
  • 移民のご家庭が多いですが、家での会話は英語です。
  • 通学時間は30-50分程度です。
  • Tamwwoではご希望により学生寮・アパートメントなどの手配も行っています。

留学費用:料金表

授業料等
  Skills Builder Learn Fast
4週間 C$1,460 C$1,660
8週間 C$2,800 C$3,280
12週間 C$4,080 C$4,800
16週間 C$5,440 C$6,400
20週間 C$6,800 C$8,000
24週間 C$7,920 C$9,320
登録費 C$155
教材費 C$80/レベル
ホームステイ費等
ホームステイ手配料 C$225
ホームステイ費(3食)・冬 C$235/4週
ホームステイ費(3食)・夏 C$260/4週
空港送迎(片道) C$100
医療保険(guard.me) C$20/週

学校情報専用ページはこちら

基本データ・授業内容はこちらをご覧ください。

Tamwood

 

こちらの学校もお勧めしています

Canadian as a Second Language Institute

Canadian as a Second Language Institute

アクティビティが充実、楽しく学べる代表校

詳細 »

GEOS Languages Plus

GEOS

会話重視の実践的授業と手厚い生徒ケアが自慢

詳細 »

Global Village English Centres

Global Village English Centres

GV360°パーソナルケアで留学を丸ごとサポート

詳細 »

Inlingua Vancouver

Inlingua Vancouver

独自の「インリングア・メソッド」で流暢に話す力を身につける

詳細 »

ILSC Education Group

International Language Schools of Canada

130以上の選択科目があるカナダ最大級の語学学校

詳細 »

St.George International College

St.George International College

マンツーマンも交えてしっかり学びたいならここ

詳細 »

 

留学都市の情報コーナー

バンクーバー

width=

  • カナダ西部、太平洋に面したブリティシュ・コロンビア(BC)州にある同州最大の都市で、金融・経済も含めトロント、モントリオールに次ぐカナダ第三の都市です。
  • 都市圏人口は約200万人で移民国家カナダを象徴するように多彩な人種が共存していますが、とりわけアジア系移民が多いです。

知っておきたいミニ歴史

  • 1792年にイギリス海軍のジョージ・バンクーバーがバラード入り江などのカナダ西海岸を探検したのがヨーロッパ人による入植の始まりで、当時はマスキーム族とスクワミッシュ族が既に村を形成していたとされています。
  • 17世紀半ばには、ハドソン・ベイ・カンパニーの進出により毛皮の交易所がコロンビア川やフレーザー川に沿って設立され、ブリティッシュ・コロンビア(以下BC)の内陸部にもヨーロッパ人の入植が進みました。
  • 1858年にはフレーザー川下流に金鉱が発見されると、探鉱者や商人など様々な人々がBCに押し寄せゴールドラッシュとなりましたが、すぐに収束しました。
  • BCは当時ハドソン・ベイ・カンパニーが所有していましたが、カナダ連邦結成の流れが西部にも訪れ、イギリスの要求により同年イギリス領BC植民地となり、1866年にはバンクーバー島植民地もBC植民地に統合されました。
  • 1871年にはついにカナダ連邦に加盟し、現在のブリティッシュ・コロンビア州が誕生しました。(州都はビクトリア)
  • 当時グランビル(現在のバンクーバー)ではバラード入り江での林業が盛んで、1863年には最初の製材所がムーディービル(現在のノースバンクーバー)に開業し、1865年までにはグランビル市街地にも製材所が開業され、オーストラリアへ輸出も始まりました。とりわけギャスタウンは製材業とそれに伴う入植の中心地として大変賑わいました。
  • また、BC州は連邦加盟に際してカナダ東部の鉄道を太平洋岸まで延伸させることを要求し、政府はこれを公約したことから、1886年ついに鉄道はグランビルまで敷かれ大陸横断鉄道が完成しました。
  • 同年、グランビル町はバンクーバー市と改名され市政がスタートしましたが、都市名は18世紀後半にカナダ西海岸地域の測量を行ったジョージ・バンクーバーに由来しています。
  • 大陸横断鉄道が完成しバンクーバー港と直結してからは、バンクーバーは太平洋岸での主要な都市となり、木材はもとより、カナダの豊かな天然資源や工業製品の輸出基地となって現在に至っています。

町の特徴と見どころ

  • バンクーバーの主要産業は林業ですが、大都会ながら自然に囲まれた美しい街並みやカナダの西の玄関口という地の利もあって観光業も盛んです。
  • 映画製作の分野でも有名で、ロサンゼルス、ニューヨークに続く北米第3位の規模の映画製作拠点にもなっています。
  • 英国・エコノミスト誌が安全性、医療、文化・環境、教育、インフラの項目で評価する「世界で最も住みやすい都市」のランキングで毎年上位に選ばれています。(2017年は3位)
  • カナダで一番の人気留学先だけあって語学学校間の競争が激しく、質の高い学校が多く存在します。
Canada Place

  • バラード入り江にあるカナダプレイスは1986年に開催されたバンクーバー国際交通博覧会のカナダ・パビリオンとして建てられました。
  • 現在はコンベンションセンター、パンパシフィックホテル及び世界初の3DIMAXシアター等が入る複合施設となっています。
  • また、クルーズ船の主要ターミナルでもあり、毎年80万人以上の乗客がここを利用しています。
  • バンクーバーからアラスカへのクルーズ船の他、各国からの豪華客船も間近で見ることができます。
  • 真っ白な5つの帆はとても美しく、バンクーバーのランドマークとなっています。
Capilano Suspension Bridge

  • 1888年スコットランド人のエンジニアが川の両側の密林6000エイカーを購入し、断崖絶壁の渓谷の上に小屋を建てたのが始まりです。
  • 翌年、スクワミッシュ族の酋長と馬の力を借りて、渓谷に麻のロープと杉の板で作られた橋をつるしました。
  • これがキャピラノ・サスペンション・ブリッジの原型で、現在は鉄製のワイヤーでつるされた全長140m高さ70mの安全な橋となっています。
  • 周囲は7つの吊り橋から作られた遊歩道で地上33mの森林の上を歩くツリートップ・アドベンチャーや断崖に沿って空中に迫り出した歩道でスリル感を味わうクリフウォークが人気の公園となっています。
  • キャピラノとは先住民族スクワミッシュの言葉で美しい川を意味し、1800年代前半、ここに住んでいたスクワミッシュ族の偉大な酋長の名前でもあります。
Stanley Park

  • バンクーバーで最初に作られた最も広く、最も市民から愛されている公園です。
  • スタンレー公園は1888年に作られ、名称は当時のカナダ総督(国家元首)スタンレー卿の名にちなんでつけられました。
  • 公園には8.8㎞のシーウォールという海沿いの歩道があり、散歩やサイクリング、ジョギングに最適で、ここからのイングリッシュ・ベイの眺めは最高です。
  • また、園内には植物を縫うように走る27㎞のトレイルもあり、徒歩または自転車で美しい森の中を探索することもできます。
  • その他、先住民族によって彫られたトーテムポールが建てられた広場やカナダ最大規模の水族館も園内にあります。
  • ダウンタウンの西にありますので、徒歩や自転車でも行くことができますが、バスが最適です。(バスでの所要時間は数分)
Granville Island

  • もともとは泥の埋立地で産業機械の製造会社の大きな赤い倉庫群があったところです。
  • 20世紀の産業の発達によりバンクーバーでは林業、鉱業、建設業及び造船業の用地が必要となり、1950年代に島がその用地として整備され、発展を遂げましたが、時代とともに衰退していきました。
  • 1970年代になると荒廃した跡地を再開発することとなり、今では最も愛される市民の場所に生まれ変わりました。
  • グランビルアイランド(最上部写真)のメインは「島が王冠だとするとマーケットは宝石」と称されるほど有名な屋内マーケットです。50以上の食品業者が軒を連ね、毎日賑わっています。
  • また、様々な文化やアートを取扱う店から各種工房、飲食店までバラエティーに富んだロフトと呼ばれる店舗がたくさんあり、何度足を運んでも飽きない観光スポットです。もちろん景色も最高です。
Safeco Field:Seattle USA

  • セーフコ球場はMLBのシアトル・マリナーズのホームグラウンドです。
  • バンクーバーの留学生の中では、シアトルでの野球観戦の話題はごく当たり前のことです。
  • ダウンタウンのVIA鉄道セントラル駅からシアトルまではGreyhound(長距離バス)で約4時間ですので、日帰りも可能です。
  • 2018年シーズンからイチローが古巣マリナーズに復帰しましたので、機会がある方は野球観戦をしてみてはいかがでしょうか。

気候

平均最高気温 平均最低気温
春:4月 13.2°C 5.6°C
夏:7月 22.2°C 13.7°C
秋:10月 13.5°C 7.0°C
冬:1月 6.9°C 1.4°C
  • 3月頃から雨期が終わり天気は安定していきますが、早春の天気は変わりやすい日が多いです。
  • 6月中旬から9月までの夏は湿度も低く温暖な気候が続きますが、朝晩は冷え込むこともあります。日没は夜9時頃ですので゙豊富なアクティビティを楽しめます。
  • 9月下旬から10月までは天気のよい爽やかな日が続くことが多いですが、11月からは雨の日が多くなります。
  • 12月から3月までは雨期で雨や曇りの日が多く、冬でも平地では積雪がほとんどありません。

 

公共交通機関

  • 市内はTranslinkによりスカイトレインとバス及びシーバスが運行されています。
  • 路線は豊富ですので郊外まで足を運ぶことができます。
  • 料金は3ゾーン制となっています。

VIA鉄道

  • カナダ大陸横断鉄道で有名なVIA Rail Canadaが走っています。
  • ダウンタウンに駅がありますので、とても便利です。
  • 滞在期間中、カナディアンロッキーのジャスパーへの車窓を楽しみながらの旅行もお勧めです。

 

日本からのアクセス

width=

  • 空の玄関口はバンクーバー国際空港です。
  • 日本からは多くの直行便が運航されています。
  • アメリカまたはアジア経由でバンクーバーに入ることもできます。

 

留学カウンセラーの目

miniコラム

交通・買い物・娯楽など生活をする上での利便性は最高で、質の高い語学学校や専門学校が豊富、しかも日本からのアクセスが最良となれば人気No1の留学先になるのは当然です。

その一方で、バンクーバーは人口の約半数が移民で、中でもアジア系が多いというネガティブな捉え方もあります。しかしながら、発想を転換すると約100万人ものカナディアンが住んでいることになります。

更にポジティブに考えると、どこよりもカナディアンと交流できるチャンスがたくさんあるということです。ただ残念なことに田舎や小都市のように自然体で地元民と交流できる環境ではありません。自ら率先して機会を作らなければならないのが大都市です。

ここで自らも実践した交流方法をご紹介します。市内には数十もの地区ごとのコミュニティーセンターという施設があります。地元のカナディアンの方々は、ここのジムで汗を流したり、ヨガ、ダンス、水泳、空手などを習ったりしています。もちろん留学生も利用できますので積極的に施設を利用して、一緒に汗を流したり、習ったりすれば、本当の意味で地域に溶け込むことができます。

留学開始後に「人気があるので来てみたが、アジア系移民が多い、日本人留学生が多い、ホームステイも期待外れ」と嘆く方も少なくないですが、バンクーバーは留学する上でのポテンシャルが高いですので、探せば良い学校、良いホストファミリー、そして地元民との良い交流場所が見つかるはずです。

自分に適した英語環境を自らの手で、どん欲につかんでいく気構えがあれば、きっと大成功すると思います。

 

Welcome to Ambition留学館

弊社のウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

width=

  • バンクーバーに興味を持たれた方は、更に一歩踏み込んだ話を聞いてみたいと思われたのではないでしょうか。
  • ウェブサイトの主要な情報以外にも、細かな情報がたくさんありますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  • また、弊社では申込期間ごとに独自の割引サービス(ちょっと嬉しいサプライズ)も用意しています。
  • どんな小さなことでも結構です。Ambition留学館のモットーは「いつもWelcome」です。

メールによるお問い合わせ・お見積もり等

 

電話によるお問い合わせ等

TEL 011-788-5957
営業時間:火~土 10:00-18:00
定休日:日曜・月曜

 

手厚いサポートも魅力

弊社では各種ご相談を始め、渡航に関する手続き等も無料でサポートしています。

width=

  • 就学許可証(学生ビザ)申請
  • 未成年者用渡航書類の作成
  • 航空券の手配
  • 医療保険の加入
  • 入国時の書類も含めた持ち物一覧
  • 留学開始後のサポートなど