トロント留学の学校情報と費用

 

オススメの語学学校

English School of Canada Toronto

  • 学校はトロントのダウンタウンから少し離れたところにあります。
  • 志のある先生たちによって設立された学校で、カナダのベストスクールに選ばれるなど数々の賞を受賞している優良校です。
  • 自信をもって英語を話せるようになるために、流暢さとコミュニケーションに重点を置いています。
  • 46カ国以上の国から生徒が集まることから、クラスはグローバルな雰囲気で世界各国の友達もできます。
  • 授業はすべて選択制です。
  • レベル分けテストではlistening, grammar, vocabulary, reading, speakingのスキルごとに評価しますので、授業ごとにレベルの合ったクラスで学ぶことができます。
  • 授業が一方通行にならないようニュース記事、音楽、文学など様々なトピックを基にグループ学習、ペア学習、プレゼンなどを行っています。
  • Languages Canada(語学学校協会)の認定校です。

ESLタイムテーブル

8:30-10:00 総合英語
10:00-11:30 会話を支える文法
11:30-13:00 コミュニケーション/選択科目
13:00-14:30 会話/選択科目
14:30-16:00 発音/選択科目
16:00-17:30 選択科目

コース

  • Part Time English: 上記より2コマの授業を選択
  • Standard English: 上記より3コマの授業を選択
  • Intensive English: 上記より4コマの授業を選択

生徒指導

width=

  • 月末に上達度を測定するためのマンスリーテストが行われます。
  • テスト結果を基に各スキルの評価やコメントが記されたレポートカードが渡され、自分の得意・不得意分野などを知ることができます。
  • アドバイスや相談が必要な場合は、いつでも先生と面談ができます。

アクティビティ

width=

  • 各種スポーツ、ハイキング、観光、BBQなどのアクティビティを毎日実施しています。
  • 毎週火、水、木曜日の14:30からはスピーキングと語彙力アップのワークショップも無料で実施しています。
  • 週末はニューヨークなどへの1泊の小旅行もあります。

ここも注目

厳しいルールあり

  • ほとんどの学校が遅刻に寛容な中、ESCには厳しいルールがあり5分以上授業に遅れると入室できなくなります。
  • もちろん校内は厳格な英語オンリーポリシーです。
  • 志のある先生たちによって設立された学校だけあって、カナダ屈指の厳しい校則を持つ、まじめな学校です。

ホームステイ

  • ESCではカナダ全土でホームステイを斡旋しているThe Canada Homestay Networkが手配を担当しています。
  • 移民のご家庭も多いですが、皆さんフレンドリーで家での会話は英語です。
  • 通学時間は25-40分程度です。

留学費用:料金表

授業料等
  Parttime Standard Intensive
4週間 C$930 C$1,415 C$1,710
8週間 C$1,835 C$2,785 C$3,360
12週間 C$2,715 C$4,110 C$4,955
16週間 C$3,565 C$5,395 C$6,495
20週間 C$4,400 C$6,635 C$7,980
24週間 C$5,210 C$7,830 C$9,405
登録費 C$175
教材費
ホームステイ費等
ホームステイ手配料 C$220
ホームステイ費(3食) C$960/4週
空港送迎(片道) C$110
医療保険 C$2/日

学校情報専用ページはこちら

基本データ・授業内容はこちらをご覧ください。

English School of Canada

 

こちらの学校もお勧めしています

GEOS Languages Plus

GEOS

会話重視の実践的授業と手厚い生徒ケアが自慢

詳細 »

Global Village English Centres

Global Village English Centres

GV360°パーソナルケアで留学を丸ごとサポート

詳細 »

ILSC Education Group

International Language Schools of Canada

130以上の選択科目があるカナダ最大級の語学学校

詳細 »

St.George International College

St.George International College

マンツーマンも交えてしっかり学びたいならここ

詳細 »

Tamwood International College

Tamwood International College

学校全体が一丸となった熱心な学習指導が評判

詳細 »

 

留学都市の情報コーナー

トロント

width=

  • カナダ東部オンタリオ州の州都であり、カナダ最大の経済・文化の中心都市です。
  • 五大湖の一つオンタリオ湖岸の北西に位置し、湖を挟んで対岸はニューヨーク州に接しています。
  • 都市圏人口は約600万人で多彩な人種が共存していることから「人種のモザイク」とも呼ばれています。

知っておきたいミニ歴史

  • 1615年フランスのエティエンヌ・ブリュレが先住民族と同盟を結ぶために現在のオンタリオ州に初めて入植し、ヒューロン族とともに生活をしたとされています。
  • その後フランスはオンタリオ湖岸に交易所を点在させ、先住民族との毛皮交易を盛んに行っていました。
  • 先住民には不幸な歴史もあり1630年には欧州からもたらされた天然痘でヒューロン族の6割が死亡し、その後イロコイ同盟に襲撃され、ほぼ全滅したとされています。
  • 英仏の植民地抗争が激しくなる中、1754年にフレンチ・インディアン戦争が始まると、オンタリオ湖岸の交易所も戦場となりましたが、戦後はイギリスの勝利により英国領ケベック植民地となり、オンタリオ湖岸の北部(現在のトロント周辺)では先住民が引き続き狩りや漁を生業に居住していました。
  • 1775年アメリカ独立戦争が始まると多数の英国王党派がケベック植民地に流入しましたが、フランス系定住地を避けオンタリオ湖岸の北部に入植を始めたため、1787年にはミシサガ族から入植地としての土地を購入しました。これがトロントの礎です。
  • その後1791年にケベック植民地はアッパーカナダ(英系)とローワーカナダ(仏系)に分割され、1793年にはアッパーカナダ初代副総督ジョン・グレイブス・シムコー(写真)がオンタリオ湖岸の北部の入植地の上に町を作り、ヨークと名付けアッパーカナダの首都としました。
  • 1813年には米英戦争で一時アメリカに占領されましたが、最終的にはカナダ攻略は失敗に終わり、講和条約でアメリカとの国境線が定められました。
  • 1834年にはヨークからトロントへ名称が変更され市制がスタートされました。
  • 1841年の連合カナダ植民地(ローワーカナダとの再統合)を経て、1867年のカナダ連邦結成で現在のオンタリオ州とケベック州が誕生し、トロントはオンタリオ州の州都となりました。

町の特徴と見どころ

  • 19世紀半ばの鉄道建設とともに市は急速に発展し、その後、世界各地から多くの人々が集まり、移民国家カナダを象徴するような多民族都市が形成されました。
  • 人種が多彩であれば文化も多彩。その象徴として都市の中にはそれぞれが独自の特色を持った地区、例えばチャイナタウンやリトルイタリー、金融街などのネイバーフッド(Neighbourhood)と呼ばれるエリアが140ほどあり、トロントはネイバーフッドの街としても有名です。
  • 大都市ながら治安がよく、街は清潔で人々の生活水準も高いため「世界で最も住みやすい都市」のランキングで度々上位に選ばれています。(2017年は4位)
  • 語学学校をはじめ、職能訓練校、大学・カレッジなどの教育機関もたくさんあり、質の高さも相まって、人気の留学都市となっています。
CN Tower

  • トロントのスカイラインを象徴する高さ553mのCNタワーは旅行者なら必ず訪れるという観光名所です。
  • ガラス張りのエレベーターは僅か1分で展望台へ到着、ここからオンタリオ湖や街並みが一望できます。
  • 展望台の1階下はグラス・フロアと呼ばれるガラス張りのフロアで、足がすくむほどスリリングです。
  • 356m部分には世界で最も高い遊歩道のエッジウォークがありハンズフリーウォークが楽しめます。
  • 447m部分にある展望台 スカイ・ポッドは2008年までは世界で一番高い展望台でした。
Toronto Blue Jays

  • 1977年に創設されたカナダ唯一のMLBの球団です。
  • 1992年から2年連続ワールドチャンピオンに輝きましたが、それ以降はポストシーズンから遠のいています。
  • ホームグラウンドはロジャーズ・センターで世界初の開閉式ドーム型の多目的スタジアムです。
  • トロント・ブルージェイズという球団名は、オンタリオ州の鳥ブルージェイ(青カケス)から来ています。
  • トロントではアイスホッケー、バスケット、フットボールといった北米のプロスポーツが観戦できます。
Toronto Islands

  • オンタリオ湖に浮かぶトロント市民のオアシス的な島でダウンタウンからフェリーで13分のところにあります。
  • トロント島の長さは約5㎞で15の島からでできていますが、橋などで繋がっていますので、島内を歩いて渡ることができます。
  • 美しいビーチでのスイミング、レンタルでのサイクリングやカヌーイング、カヤッキング、芝生でのピクニック&BBQ、いろいろな乗り物があるアミューズメントパークなど様々なアクティビティを楽しむことができます。
  • また、レストランやカフェ、ビアバーなども充実しています。
  • 島内の150年続く魅力的なコミュニティーには今でも600人がコテージで暮らしています。
St. Lawrence Market

  • 1803年から200年以上トロント市民の台所として賑わってきた市営のセント・ローレンス・マーケットはネイバーフッドの象徴でもあります。
  • 通りをはさんでサウスとノースに分かれており、サウス・マーケットのレンガ造りの建物は初代の市庁舎を改築したもので、2階建てのフロアには野菜や肉・魚など地元でとれた新鮮な食材をはじめ、オーガニック食材の専門店、ベーカリーなどが並び、各国の料理を楽しめるお店も豊富です。(店舗数は約120店)
  • また、サウスの2階にはマーケットギャラリーがあり歴史を学ぶこともできます。
  • 屋外のノース・マーケットでは、毎週土曜日は近隣の農家が集まるファーマーズ・マーケットが、毎週日曜日にはアンティーク・マーケットが開催され多くの市民で賑わいます。
Niagara Falls

  • ナイアガラの滝はエリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあるカナダ滝とアメリカ滝及びブライダルベール滝の3つの滝で、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっています。
  • 最古のアトラクション遊覧船 霧の乙女号は1846年から観光客を乗せてアメリカ、カナダの両岸から滝つぼまでの間を往来しています。
  • カナダ側には滝の近くに花壇のきれいなクイーン・ビクトリア公園や2つの展望タワーがあります。
  • また、眼下にカナダ滝を見ることができるテーブルロック(岩の展望デッキ)やカナダ滝の裏側を眺めることができるジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズも必見です。
  • 少し下流にはナイアガラ川が流れを変える所にワールプールと呼ばれる激しい渦巻が発生し、こちらも見逃せない観光ポイントです。
  • トロントからの所要時間はGreyhound(長距離バス)で約2時間です。

気候

平均最高気温 平均最低気温
春:4月 12.2°C 1.9°C
夏:7月 27.1°C 15.8°C
秋:10月 14.3°C 4.6°C
冬:1月 -1.5°C -9.4°C
  • 4月には気温は二ケタになり雪は完全に消え、5月は草花も開花し、公園や庭園は花の香りで一杯になります。
  • トロントニアンが「パティオシーズン」と呼ぶ6月から8月までの夏は気温が20~30°Cとなり、レストランのパティオや湖のビーチは市民で賑わいます。
  • 9月末から美しい紅葉の季節となりますが、11月に入ると急に気温が下がり霜が降りることもあります。
  • 12月から3月までの冬は、寒い日には-10°C程まで下がり、体感気温が-30°Cになることもあります。街中ではアイススケートが楽しめます。

 

公共交通機関

  • 市内はTTCによりバスと地下鉄及び路面電車が運行されています。
  • 路線は豊富で大変便利です。

郊外などへの交通機関

VIA鉄道

  • カナダ大陸横断鉄道で有名なVIA Rail Canadaが走っています。
  • ダウンタウンに駅がありますので、とても便利です。
  • 滞在期間中、オタワやモントリオール、ハリファックスなどへの車窓を楽しみながらの小旅行もお勧めです。
GO Transit
  • トロントと郊外を結ぶ通勤の足として利用されているバスと鉄道です。
  • 南はハミルトン、北はシムコーまで足を運ぶことができます。

 

日本からのアクセス

width=

  • 空の玄関口はトロント・ピアソン国際空港です。
  • 日本からは直行便が運航されています。
  • アメリカまたはアジア経由で直接トロントに入ることもできます。

 

留学カウンセラーの目

miniコラム

バンクーバー同様、交通・買い物・娯楽など生活をする上での利便性は最高で、質の高い語学学校や専門学校も豊富ですが、アジア系移民が特に多いということはなく、人種のモザイクと言われるだけあってより多種多彩です。また、アミューズメントに関してもバンクーバーよりも刺激的です。

田舎や小都市の留学のように、学校で学んだことを簡単にネイティブスピーカー相手に実践できるという環境ではありません。

単純に英語を学ぶということだけを考えた場合、英語環境が良いところとは言い難いのです。トロントが憧れの都市だとすれば、200㎞離れたロンドンに留学し、週末トロントに遊びに行くというのが一般論としては賢明です。

刺激を求めて選ぶのではなく、留学の目的やご自身の適性も見極めて選んでほしいところです。勉強と遊びをきちんと両立でき、自分に適した英語環境を自らの手で作り上げることができる方には最高の留学先ではないでしょうか。

 

Welcome to Ambition留学館

弊社のウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

width=

  • トロントに興味を持たれた方は、更に一歩踏み込んだ話を聞いてみたいと思われたのではないでしょうか。
  • ウェブサイトの主要な情報以外にも、細かな情報がたくさんありますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  • また、弊社では申込期間ごとに独自の割引サービス(ちょっと嬉しいサプライズ)も用意しています。
  • どんな小さなことでも結構です。Ambition留学館のモットーは「いつもWelcome」です。

メールによるお問い合わせ・お見積もり等

 

電話によるお問い合わせ等

TEL 011-788-5957
営業時間:火~土 10:00-18:00
定休日:日曜・月曜

 

手厚いサポートも魅力

弊社では各種ご相談を始め、渡航に関する手続き等も無料でサポートしています。

width=

  • 就学許可証(学生ビザ)申請
  • 未成年者用渡航書類の作成
  • 航空券の手配
  • 医療保険の加入
  • 入国時の書類も含めた持ち物一覧
  • 留学開始後のサポートなど