ビクトリア留学の学校情報と費用

ビクトリアとは

  • ブリティッシュ・コロンビア(BC)州の州都です。
  • カナダ西海岸に浮かぶバンクーバー島の南端に位置し、ジョージア海峡をはさんで対岸にはバンクーバーがあります。
  • 都市圏人口は約35万人で温暖な気候から多くのリタイヤした人々が移り住んでいます。

知っておきたいミニ歴史

  • ヨーロッパ人が入植するまでは先住民族のLekwungenの人々が狩りや食べ物の栽培を生業にして居住していました。
  • イギリスの探検家キャプテン・クックが1778年にバンクーバー島の西海岸に上陸し、そこから先住民族との毛皮交易が始まりました。
  • 1843年になるとハドソン・ベイ・カンパニーの交易代表ジェームス・ダグラス(写真)は、レクワンゲン族がCamosackと呼んでいたエリアに目を付けビーバー毛皮の交易市場(拠点)を建設し、ビクトリアの原型が作られました。また、英国女王にちなんでフォート・ビクトリアと正式に名づけられました。
  • バンクーバー島はハドソン・ベイ・カンパニーが所有していましたが、英国の要求により1849年イギリス領バンクーバー島植民地となり、ジェームス・ダグラスは1851年に会社の交易代表を兼任の上、バンクーバー島植民地の総督に就任しました。
  • 1854年当時のビクトリアの人口は約230人とごくわずかでしたが、1858年にブリティッシュ・コロンビア本土に金鉱が発見されると、その中継基地として数週間で2万人もの探鉱者や商人など様々な人々が一気に押し寄せ、いわゆるゴールドラッシュで沸きあがりました。
  • 1862年ビクトリアは市となり市政がスタートしましたが、名称は1852年に既にフォート・ビクトリアから現在のビクトリアに改名されていました。
  • 1866年にバンクーバー島植民地は本土のブリティッシュ・コロンビア植民地と統合された後、1871年にはブリティッシュ・コロンビア植民地はカナダ連邦に加盟し、現在のBC州となりビクトリアは州都となりました。

町の特徴と見どころ

  • 歴史的な背景から英国文化を色濃く残し、町には花と緑が溢れ「ガーデンシティ」とも呼ばれています。
  • 歴史的建造物も多く、中でもBC州議事堂やエンプレスホテルは有名です。
  • 現在の主要産業は観光と政府関連事業です。
  • 観光都市のため夏は留学生も含め多くの人で賑わいます。
Butchart Gardens

  • セメント王ブッチャート氏の事業によって残された石炭石の採石場跡を1904年にジェニー夫人が庭園にし、いくつかのスウィートピーや薔薇を植えたのが始まりです。
  • 今では毎年100万人以上の観光客が世界中から訪れる観光地となりました。
  • 約6万7千坪の広大な敷地には有名なサンクンガーデンやローズガーデンなど5つのエリアがあり、季節ごとに移り変わる花々を1年中楽しむことができます。
  • 2004年には正式にカナダ国家史跡に指定されました。
  • ダウンタウンからの所要時間はバスで約1時間です。
Oak Bay

  • オーク・ベイ・マリーナにはたくさんのヨットが停泊しており素晴らしい景観を楽しむことができます。
  • マリーナではクルージングを楽しむことができるほか、野生のアザラシに餌をあげることもできます。
  • 海岸から5分ほどのところにオーク・ベイ・ビレッジというエリアがあり、おしゃれなショップやカフェ、レストランなどが集まっています。
  • 周囲は閑静な高級住宅街で古くからの住民も多く、手入れの行き届いたイングリッシュガーデンなども見ものです。
  • ダウンタウンからの所要時間はバスで約20分です。
Hatley Park Castle & Museum

  • お城は1908年にクレイダーロック城を建てた富豪の息子、ジェームズ・ダンズミュアが建てた大邸宅です。
  • お城は現在ロイヤル・ローズ大学の本部として利用されていますので、ガイドツアーを通してのみ見学が可能です。
  • 庭はハトレー・パークとして利用されており、海が一望できるローズガーデンや日本庭園の他、森林を縫うように15㎞のハイキングコースもあり、バードウォッチングを楽しみこともできます。
  • ウェディングの記念撮影スポットとしても人気で、吹き抜けのエントランスは映画の撮影場所としても有名です。
  • ダウンタウンからの所要時間はバスで約50分です。
Beacon Hill Park

  • 海峡をはさんで対岸のアメリカ・ワシントン州のオリンピック国立公園を望むことができる大きな公園です。
  • ダウンタウンからも近く、朝の散歩などに気軽に行ける場所でもあります。
  • 遊歩道も整備されており、バードウォッチングや四季折々の花々を楽しむことができます。
  • 世界一高い39mものトーテムポールや羊や山羊たちと触れあえる子供農場もあります。
  • カナダの西から東まで、横断する約7,800kmのトランス・カナダ・ハイウエイの始点「マイル・ゼロ(Mile Zero)」標識があり、この道を走破した義足のランナー、テリー・フォックス像がある場所としても有名です。
Royal British Columbia Museum

  • BC州の自然、文化、歴史を紹介するカナダでも貴重な博物館のひとつです
  • 館内は3つのフロアーからなり、展示物は100万点以上に及びます。
  • 3階は先住民族の歴史に関するギャラリーと近代史のギャラリーがあります。
  • 2階は氷河期から現在に至るBC州の自然史を中心としたギャラリーです。
  • 1階はジオグラフィックの世界を体験できる迫力満点のアイマックスシアターがあります。

気候

平均最高気温 平均最低気温
春:4月 13.6°C 4.3°C
夏:7月 22.4°C 11.3°C
秋:10月 14.2°C 5.7°C
冬:1月 7.6°C 1.5°C
  • 2月初旬から春の気候になり3月には満開のサクラを楽しめます。
  • 夏は乾燥した晴天が多く7月と8月はアウトドアのアクティビティに最適です。また、ブッチャートガーデンはバラを筆頭に様々な花で彩られます。
  • 9月下旬から11月までの秋は気温が下がりますが穏やかな日が続きます。
  • 冬はカナタで最も温暖なところです。冬の期間は短く、雪は滅多に降りません。

公共交通機関

  • 市内はBC Transitによりバスが運行されています。
  • 路線は豊富で郊外にも足を延ばすことができます。

 

日本からのアクセス

width=

  • 空の玄関口はビクトリア国際空港です。
  • 直行便はありませんので、最低1回の乗り継ぎが必要です
  • 日本からは直行便またはアジア経由でバンクーバーに入り、入国手続きを済ませ、国内線に乗り換えての現地入りが一般的です。
  • アメリカ経由で直接ビクトリアに入ることもできます。

バンクーバーからの直行バス?!

  • BC Ferries Connectorによりバンクーバーとビクトリアのダウンタウンを結ぶ直行バスが運行されています。
  • 直行バスといってもバスに乗ったままフェリーに乗船するという路線です。
  • 主要時間は約4時間弱です。
  • バンクーバーはVIA鉄道のセントラル駅、ビクトリアはエンプレスホテル横が乗降場所です。

 

留学先としてのVICTORIA

POINT
  • 花と緑、そして海にも囲まれた美しいガーデンシティ―
  • 温暖な気候・美しい街並み・温かい人柄、どれを取っても溶け込み易い生活環境
  • 日本からのアクセスも良

 

こんな素敵な学校があります

GEOS Victoriaとは

width=

  • 学校はビクトリアのダウンタウンにあります。
  • 会話重視で流暢に、正確にコミュニケーションができる能力を身につけることを目標としています。
  • 授業はロープレ、プレゼン、街に出掛けての実践練習などスピーキングの練習に多くの時間を費やします。
  • 担任制を取っており、担任教師が生徒一人一人をしっかり把握し、定期的な個人面談の上、適切なアドバイスをしています。
  • 教師の質は非常に高く、高学歴だけでなく、教えるスキルや生徒への熱意も兼ね備えています。
  • 卒業後も多くの生徒が相談に訪れるほど生徒ケアには力を入れています。
  • 先生、スタッフ共にフレンドリーで、小規模校のためとてもアットホームな雰囲気です。
  • 日本人比率は夏がやや高めですが、一年を通して30%前後です。
  • Languages Canada(語学学校協会)の認定校です。

ESLタイムテーブル

9:00-10:30 総合英語
10:45-12:15 スピーキング&リスニング
12:15-13:00 昼食
13:00-14:30 選択科目
14:45-16:15 選択科目

コース

  • Standard English: 9:00-12:15
  • Intensive English: 9:00-14:30
  • Super Intensive English: 9:00-16:15

生徒指導

width=

  • 毎週末に筆記からプレゼンテーション、スピーチまで様々な形での上達度測定のテストが行われます。
  • テストの結果をまとめた上達レポートが4週間ごとに発行され、上達したスキルと伸びないスキルが示されます。
  • 上達レポートを基に個人カウンセリングが行われ、今後の弱点補強の勉強法など、担任教師からたくさんのアドバイスを受けることができます。

アクティビティ

width=

  • 各種スポーツ、市内観光、イベント参加など楽しいアクティビティを毎日実施しています。
  • 週末はバンクーバー、シアトルなどへの日帰りまたは1泊の小旅行などもあります。
  • ジョギングや言語交換など地元のサークルもご希望によりウェブで案内しています。

学校情報専用ページはこちら

Geos Victoria

 

こちらの学校もお勧めです

Inlingua Victoria

Inlingua Victoria

バンクーバー校とは一味違うインリングア

詳細 »

Global Village English Centres

Global Village English Centres

GV360°パーソナルケアで留学を丸ごとサポート

詳細 »

 

滞在方法

ホームステイ

width=

  • 入学先の学校がホームステイの手配を行いますが、各学校ともにホームステイの手配には力を入れています。
  • 全体の約4割は移民宅のホームステイとなりますが、家ではもちろん英語での会話です。
  • ホームステイ費が高い学校もありますので、弊社では現地のホームステイ斡旋会社による手配もご希望に応じて併用しています。
  • ホームステイ斡旋会社の場合はある程度の要望にも対応してくれます。
  • 通学時間はバスで30分程度のところが多いです。
学生寮
学校によってはご希望により学生寮などの手配も行っています。

 

留学費用

3か月以上ならこんなにお得

  • 入学代行手数料:無料
  • 海外送金手数料6500円(銀行実費):弊社が負担
  • 医療保険:弊社が半額負担

3か月(12週間)での費用:GEOSの場合

学費
キャンペーン適用
C$4,020
C$3,350
登録費 C$150
教材費 C$240
ホームステイ手配料 C$200
ホームステイ費(3食) C$2,580
空港送迎費(片道) C$60
医療保険(学校加入) C$210
C$105
合計:学校からの請求額
合計:弊社からの請求額
C$6,790
C$6,685

【費用に含まれないもの】

  • 航空運賃
  • 個人的費用(お小遣い)
  • 入学代行手数料
  • 海外送金手数料

    *3か月未満での割引サービスは別途お問い合わせください。

 

Ambition留学館の目

miniコラム

留学先として突出してすごいという要素はありませんが、気候、馴染みやすさ、移民の割合などバランスが取れています。日本からの近さを加味すると、初めての語学留学には最適です。

以前、お客さまから「息子はトロントを希望しているが、親としてはビクトリアに行かせたい」というご相談を受けたことがありますが、正にビクトリアは刺激よりも、万人に安心感を与えるところだと思います。

そんなビクトリアのお勧め時期は9月以降です。夏休み期間はジュニアのサマーキャンプなどで騒々しく、台風一過の9月から勉強に相応しい落ち着いた雰囲気の留学先になるからです。

カナダで最も温暖なところですので、秋スタートも検討の価値はあります。

 

Welcome to Ambition留学館

弊社のウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

width=

  • ビクトリアに興味を持たれた方は、更に一歩踏み込んだ話を聞いてみたいと思われたのではないでしょうか。
  • ウェブサイトの主要な情報以外にも、細かな情報がたくさんありますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  • どんな小さなことでも結構です。Ambition留学館のモットーは「いつもWelcome」です。

メールによるお問い合わせ等

 

電話によるお問い合わせ等

TEL 011-788-5957
営業時間:火~土 10:00-18:00
定休日:日曜・月曜

 

手厚いサポートも魅力

弊社では各種ご相談を始め、渡航に関する手続き等も無料でサポートしています。

width=

  • 就学許可証(学生ビザ)申請
  • 未成年者用渡航書類の作成
  • 航空券の手配
  • 医療保険の加入
  • 入国時の書類も含めた持ち物一覧
  • 現地サポートなど